栄養剤や性欲増進剤の成分の中に、「アルギニン」という物質が含まれているのを目にしたことがあるでしょうか。アルギニンは必須アミノ酸(体内では必要量を合成できず、外部から摂取する必要のあるアミノ酸)の1つで、様々な役割を担っています。

アルギニンのよく知られる効果の1つとして、男性の活力を増強してくれるといったものがあります。この効果は大きく分けて2つの要因によってもたらされます。

1つはホルモンへの影響です。アルギニンは成長ホルモンの分泌を促し、その結果精液が増えたり疲労回復が早まったりして、男性の生活をサポートしてくれます。

もう1つの要因は血行の改善です。アルギニンは体内の酵素と反応し、一酸化窒素(NO)の材料となります。

体内で作られたNOは血管を拡張する効果を持ち、それにより血流がスムーズになります。血行不良はED(勃起不全)の要因の1つであり、そういった問題を解決するのにアルギニンが一役担っているのです。

アルギニンの効能はそれだけではありません。成長ホルモンの分泌は身長アップに繋がりますし、代謝も促進されるのでダイエットや美容サポートにも効果があります。

また、血流の改善は筋肉の増強に役にたつということが知られており、アルギニンは筋トレにも効果的な物質であることが分かります。

以上のように、アルギニンは男性にも女性にも、更には子供にも良い効果を発揮する重要な物質であると言えるでしょう。

アルギニンを効率よく摂取するためには

アルギニンは様々な面で体を助けてくれる大切な物質ですが、体内で合成されるアルギニンは量が少なく、必要量を維持するには外部から摂取する必要があります。

アルギニンを多く含む食品としては、豚肉や大豆が知られています。これらを多く使ったメニューを積極的に摂ることはアルギニンの摂取に役に立つでしょう。

しかし一般に、食事だけで必要量のアルギニンを摂取するのは難しいと言われています。アルギニンを豊富に含む食品ばかり使うことでかえって食事バランスを崩してしまっては本末転倒です。

そこで、不足分のアルギニンを補うためにサプリメントを利用するのが良いでしょう。

サプリメントであれば1日あたりの摂取量も自分でコントロールすることが可能ですし、何より手軽に手っ取り早く摂取できるのが魅力です。

食事とサプリメントを組み合わせ、積極的にアルギニンを摂取していきましょう。

アルギリンを助けるシトルリンとは?相乗効果

ここでもう1つ、シトルリンというアミノ酸についても紹介します。

シトルリンもアルギニン同様、一酸化窒素によって血管を拡張する作用があることが知られています。これらの物質は相乗効果を持ち、血管年齢などにも影響を及ぼします。

また、シトルリンは体内でアルギニンに変化したり、またその逆の作用もあることが分かっており、アルギニンと同じく大きな効果のある物質です。

シトルリンの名がスイカの学名である「Citrullus vulgaris」に由来することからも分かるように、シトルリンはスイカに多く含まれています。

またスイカの他にもメロンやかぼちゃ、きゅうりのようなウリ科の植物に豊富に含まれています。

ですがやはり食事だけで摂取するのは難しいため、アルギニンと併せてサプリメントを利用して摂取するのが良いでしょう。

アルギニンはどんな食べ物に含まれるか

アルギニンはアミノ酸であり、多くの場合アミノ酸から構成されるタンパク質から摂取されます。そのため、タンパク質を豊富に含む大豆、肉、魚介といった食品は一般にアルギニンも多く含んでいると言えます。

その中でも特に最もアルギニンの含有量が多いのは豚肉のゼラチンです。文科省の提供している「食品成分のランキング」を見ると、豚肉のゼラチン100gあたり7900mgものアルギニンが含まれていることがわかります。

その次に多いのが大豆の6700mg、次いでスイカの5100mg、鶏卵の5000mgと続きます。

大豆に含有量が多いため、大豆を使った加工食品もまたアルギニンを多く含有していると言えます。

また、魚介類ではトビウオの煮干しが100gあたり4900mg、イカのするめが4700mgのアルギニンを含んでいます。

アルギニンは熱に強く、加熱しても壊れないため、これらの食品の加工品からでも摂取することができます。

アルギニンは1日に約1~8g必要と言われていますので、こうした食品を利用して積極的に摂取するようにしましょう。