アスパラギン酸の効果には、疲労回復、アンモニアの解毒、体調を整えるなどの効果が期待できます。

疲労回復効果は、アスパラギン酸はクエン酸回に働きかけることができ、疲労の原因の乳酸を分解を促進させる効果があります。

またグリコーゲンの生成も促進する効果があるのでスタミナも向上させます。また体液を整える効果があり、体調不良を起こすと体液のバランスが崩れ、ビタミンやミネラルなどが消費されます。

アスパラギン酸はカリウムやマグネシウムを細胞に運ぶことができます。代謝の活性化も可能でエネルギーを効率よく産生することができます。

アスパラギン酸というとアンモニアの解毒作用もあります。尿の合成を促進させて体内に溜まったアンモニアを体外へ排出させ、疲労や老化、免疫力の低下を防止して、肝臓の負担を減らすことにもなるので体調を整えることが期待できます。

アスパラギン酸は疲労回復や体調を整えるためにも積極的に摂りたい栄養素で、多く含まれているのはアスパラガスです。

アスパラギン酸は、アミノ酸の一種でアスパラガスの中に多く含まれています。アスパラガスの他には大豆やもやしにも多く含まれていて、含まれている量はアスパラガスの約2倍とも言われ、低価格で低カロリーで手軽に摂取できる食材です。

アスパラギン酸が体内で合成できる量は加齢と共に返照し、不足すると体内に乳酸が溜まり、疲労を感じやすくなったり、老化や免疫低下などにもつながります。

アンモニアの排出も滞ると肝臓機能が低下することが考えられるため、アスパラガスや大豆、もやしなどを積極的に摂って、不足分についてはサプリなどで補うと良いです。

アスパラギン酸とは?どんな成分?

アスパラギン酸とは、エネルギー源としてもっとも利用されやすいアミノ酸です。

アスパラギン酸は疲労の原因となる乳酸の分解を促進させ疲労回復に役立ち、スタミナをアップさせる効果も期待できます。

更に体液のバランスを整える効果もあります。このようにアスパラギン酸は元気な毎日を過ごすために大切なものですが、それが多く含まれる食品の代表としてはアスパラガスです。

アスパラガスにはこの他にもビタミン類も豊富に含まれているので美容効果も得られるという良さがあります。また肉類にもアスパラギン酸は多く含まれています。

栄養バランスを考えた食生活は人間が健康的に生きていくためにとても大切なことなのです。

特に年齢を重ねるごとにアスパラギン酸は体内に不足していくので意識して多く含まれる食品を摂ることが必要です。

アスパラギン酸を多く含む食品はアスパラガス以外にもある?

アスパラギン酸は名前のとおりですが、アスパラから発見されたアミノ酸の一種で非必須アミノ酸です。

アスパラガスに多くふくまれていることが有名ですが、そのほか豆類の中でも大豆もやしはアスパラガスよりも含有量が多く2倍にもあります。

とうきびにも含まれており生産期間が含有量に関係するようです。アスパラギン酸は牛肉・豚肉・鶏肉などの肉類にも多くふくまれています。

アスパラギン酸にはミネラルを各組織に運ぶ役目があり、疲労回復に効果があるといわれいて、スポーツドリンクや栄養ドリンクなどにも使われています。

食べ物で接収する場合はミネラルと一緒が効果的でお奨めいたします。ただアスパラギン酸は熱に弱い性質がありますので、調理する際は手早くすることもポイントです。

アスパラギン酸を過剰摂取した場合どうなる?

サプリメントなどで目にすることもあるアスパラギン酸は、タンパク質を構成するアミノ酸の一つであり、食事などで摂った栄養から体内で合成できる「非必須アミノ酸」なのです。

アスパラギン酸は疲労回復や保湿力を高める作用、利尿作用、体調を整えるなどの効果があります。

また、アスパラギン酸はタンパク質の合成に必要なもので摂取してもすぐに使われるため、過剰摂取になることはほとんどありませんし、副作用の心配もありません。

しかし他の全ての栄養素と同じく摂りすぎると体に負担がかかると考えられるため、サプリメントなどで摂取している方は念のために1日の摂取量に気をつけるようにして下さい。

もしもサプリで摂取するなら食事の30分前の服用が推奨されています。