ポリフェノールは体にとてもよい成分です。
ポリフェノールには、血圧を下げる効果や視力の回復効果、最近ではお肌にもよいことがわかりました。
お酒を飲む男性に特にオススメの効果としては、肝機能改善効果です。
ポリフェノールは赤ワインやカカオに多く含まれているのは既にご存知な方も多いでしょう。
しかし、ポリフェノールがたくさん含まれているからといって、赤ワインやチョコレートを大量に取るのはオススメできません
赤ワインを取りすぎるとアルコール度数が高いので、アルコール中毒になる可能性もあります。
チョコレートも甘いので糖尿病など、他の疾患を招く可能性があるので注意が必要です。
ポリフェノールには抗酸化作用があるので動脈硬化や心筋梗塞などにも効果があるので、動脈硬化が心配な年齢の方には是非摂ってもらいたい成分ではありますが、糖尿病などの他の疾患に掛かるかもと心配される方や、お酒や甘いものが苦手な方にはなかなか取りにくい成分でもあります。
そのような方には是非サプリメントを活用してほしいです。
視力回復や健康維持の為に、アントシアニンのサプリメントやマルチビタミンのサプリメントがドラッグストアで販売されているように最近では、ポリフェノールのサプリメントを販売している会社もあります。
にも、甘くないカカオ含有量の多いチョコレートやポリフェノールがたくさん入ったぶどうジュースなども販売されているので自分の好みに合わせて取り入れてみてくださいね。

ポリフェノールとは?実にその種類は4000種類

ポリフェノールには、カカオや赤ワインに多く含まれていることは有名な話ですが、カカオだけでなく、実はどの植物にも微量のポリフェノールは含まれています。
代表的な例を挙げるとすれば、緑茶に多く含まれているカテキンも実はポリフェノールの一種なのです。
このように私たちがポリフェノールと知らないだけで、実はポリフェノールである成分も多くその種類はなんと4000種類も存在しているといわれています。
ポリフェノールを見分ける秘訣は、植物の色素だったり、匂い成分だったり様々です。
先ほどの話のようにポリフェノールは、色素成分にも含まれているので、取りすぎると活性酸素の影響でシミの原因になってしまいます。
アンチエイジングや動脈硬化を防止する作用もありますが、シミを作りたくないと考えている女性の方々はポリフェノールの過剰摂取を控えるためにもこの知識を頭の片隅に置いておいて置き、取りすぎに注意した方がよいかもしれません。

ポリフェノールを多く含む食品とは

ポリフェノールの話を今まで散々してきましたが、実際にポリフェノールが多く含まれている食品とはいったいどんなものなのかいくつか紹介していきましょう。
ポリフェノールの中でも、目に良いとされているのが、ブルーベリーや赤ワインです。
豆乳で有名な大豆イソフラボンもポリフェノールの一種で、こちらは女性ホルモンに効果があり、更年期障害に悩む女性や生理不順に悩む女性にオススメなポリフェノールです。
抗菌作用や抗ウイルス作用があるポリフェノールは、カテキンやタンニンです。
緑茶の他にも、ウコンにも多く含まれていて、風邪予防の他にもダイエット効果やお腹の不調にも効果があります。
ポリフェノールと聞くと、カカオとワインしか思いつきませんでしたが、豆乳や緑茶など甘くなく、アルコールも入っていない食品にもポリフェノールは含まれています。
緑茶は日本人にはとても馴染みのある食べ物ですし、豆腐や味噌などの大豆製品も日本人には馴染み深い食べ物です。
そう考えると意外と日本人の食事にポリフェノールが含まれているとは思いませんか?
それぞれの食べ物によって得られる効果も異なりますが、共通して言える作用は、抗酸化作用です。
体に良くないとされる活性酸素などの有害な物質を無害な物質に変えてくれる効果があるのでとても体によい成分なのです。