男性ホルモンであるテストステロンを増やすことは男性に様々な良い影響をもたらします。

まず、脂肪が燃焼しやすくなり引き締まった身体になったり、決断力や行動力が高まったりするので、心身ともにいわゆる男らしい男性になれます。

その結果として、ビジネスにおいてライバルをリードする振る舞いが出来るようになったり、男らしさに惹かれる女性から好かれるようになります。

テストステロンを増やすためにはいくつかの方法がありますが、まずは食べ物が挙げられます。

肉類や魚介類など食べ物の中でもタンパク質が多く含まれる食品を摂取することは、テストステロンの増加に繋がります。

また、アルギニンや亜鉛などの成分を摂取することもテストステロンの増加に貢献するとの実験結果もあります。

これらの成分はサプリメントとして製品化されているので、サプリメントで補うと食事よりも効率的に摂取できます。

また、行動面としては筋トレが挙げられます。筋トレを行うことで男性ホルモンが活性化しますが、やりすぎると逆効果になってしまうので自分に合ったメニューで取り組むのがベストです。

最後に、オナ禁をすることもテストステロンを増やすのに効果的です。

オナニーをやりすぎるとテストステロン値が下がってしまうので、頻度が高すぎる人は間隔を開け、出来るだけ我慢してから行うようにするとそれを防ぐことが出来ます。

以上のように様々な方法で、自力でテストステロンを増やすことが可能となります。

テストステロンが増える事で考えられる効果とは?

テストステロンが増えることによって、男性的な魅力がアップしてモテる効果を発揮するようになる可能性があります。

テストステロンというのは、簡潔に述べると男性ホルモンのことです。

男性ホルモンは、男性にとって筋肉増強や性欲がアップするために欠かせないホルモンであるため、この成分が不足すると男性機能の不全などに陥ってしまうケースもあります。

実際に、テストステロンが増えると精液が増える可能性もありますので非常に良い効果をもたらしてくれます。また、やる気やモチベーションのアップにも繋がります。

特に、男性はテストステロンの分泌量が多い人ほどより男性的で活動的な身体になることがわかっていますので、やる気が欲しいと考えている人はテストステロンを分泌させることを考えた方が無難です。

また、男性の場合はアンチエイジング効果としてテストステロンが重要であると考えられています。

これは、男性ホルモンの分泌量が減少しすぎると、女性のように男性にも更年期障害のような身体的な症状が出てしまう可能性があるからです。

活動的な肉体を保つためには、ある程度は男性ホルモンの分泌量を持続させなくてはいけませんので、テストステロンには男性の老化を防ぐ一定の効果があると判断できます。

そもそもなぜテストステロンが減少してしまうのか?

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、ちょっとしたことで減少してしまうと言われています。

その原因の一つが加齢です。加齢により減少していくスピードよりも速く増やすことができれば、ある程度の数値をキープできるでしょう。

また別の原因に肥満がありますが、肥満により脂肪が付いてくるとテストステロンがエストロゲンに換えられるようになり、その結果減少してしまうというわけです。

さらにストレスも一つの原因とされています。ストレスが高くなればなるほど、コルチゾールの分泌が高まり、テストステロンが減ってしまうのです。

他にも、睡眠不足や疲労も原因の一つとして挙げられています。それで睡眠をしっかり取って疲労を溜めないことが重要です。

加えて、テストステロンが減少するもう一つの原因は、食生活の乱れであると言われています。

例えば、タンパク質が不足してくると筋肉量は減りテストステロンも減ってしまいますし、摂取カロリーがあまりに低いと生殖機能が低下するため減少の原因になると言えるでしょう。